私って周りから浮いてしまっているの?

会社で女性が集まると年齢問わず、賑やかですよね。
一見、仲が良さそうな女性同士でもその実態は、愚痴・不平不満・陰口・いじめ・無視などかなり陰湿なものもあります。

 

そんな女性同士の人間関係がうんざりと感じた人は一定の距離感をもって節度ある行動を取ります。
しかし、その行動が群れでしか行動できない職場の女性を刺激しています。

 

職場で孤立してしまったように感じた時、
その原因を「自分のせい」と責めるのではなく、
本当にあなたがどうしたいのか解決に導く5つの理由を解説します。

 

女性 職場 孤立

1.「私が原因?」と思わない、なぜならあなたは悪くない

 

まず、安心してください。
あなたは全然悪くありません。

 

何故なら、
相手はあなたが
「群れで行動することに興味がないこと」
に恐怖を感じているからです。

 

 

人間以外の動物でも分かりますが、
女性が群れで行動するのは
「共感性」
「協調性」
「共存」
を学ぶためでもあります。

 

 

周りが
「美味しい。」
と言えば、自分が美味しくないと思っていても
「(美味しいはずだから)美味しい。」
と答えます。

 

これが仲間と共に生きる方法、共存でもあるからです。

 

 

この行動をとる人たちの特徴は
「仲間と同じことをやらないと仲間外れにされる。」
と思い込んでいる人たちが多いことが見受けられます。
もしかしたら、幼少期・学生時代に同じような経験があったのかも知れません。

 

 

これは孤立させようとしている人たちの問題です。
あなたがそこに関わる必要はありません。

 

 

ですが、孤立している・浮いている・疎外感を感じるのであれば、
あなたも、
「仲間と同じことをやらないと仲間外れにされる。」
と思い込みを持っている可能性が高いです。

 

少し考えてみてください。

 

なぜ、孤立していたら嫌なのか。
浮いていたら嫌なのか。
疎外感を感じていたら嫌なのか。

 

孤立している私ってどんな人間なの?

 

・孤立しているわたしを男性に見られるのが恥ずかしい。
⇔仲間と居れば魅力的な女性になる。

 

・浮いている私は普通ではない。
仲間といれば、みんなと一緒である安心感がある。

 

・疎外感を感じている私は認めてもらっていない。
仲間といると私は認めてもらっている。

 

・私は人より劣っていると感じたくない。
仲間といると強くなれる。

 

 

ここで出てきたものがあなたの思い込みです。

 

共存、仲間と共に生きることを
こうしなければいけない
決めつけた条件になります。

 

 

この条件は必要ありません。
取り除くことは簡単にできます。

 

この条件は必要ない。こんな風に共存しなくてもいい。
と決めるだけです。

 

 

2秒で出来ます。
今、直ぐに。

 

 

決めてください。

2.興味がないことに興味を向けることは苦痛

 

人間にとって、興味がないことに興味を向けることは苦痛を感じてしまいます。

 

しかも、興味がないのに
「関心があるはず・興味があるはず」
と思い込むと、さらに苦痛に感じてしまいます。

 

そんな時は、

 

周りの人は興味があっても、
「私は興味がないな。」
と思うことはOKだと自分に許可をだしましょう。

 

※声に出すと周りが反応しますから、まずは心の中で(笑)

 

些細なことかもしれませんが、
自分で自分の考えを受け入れることになるので、
とても居心地のいい感覚を感じられますよ。

 

3.孤立している人が本当に嫌われているのではない

 

周りから孤立している・浮いているとあなたが感じていても
本当に嫌われているわけではありません。

 

その理由の一つに
「畏怖(いふ 意味:大いに恐れること)」
されていることが考えられます。

 

ドラマや映画で、近寄りがたい存在感のある人が登場していますよね。

 

もしかしたら、周りに
「近寄りがたい」
雰囲気を出しているのかも知れません。

 

そのつもりがなくても相手がそう感じる原因の一つは
”感情を表現しないこと”
にあります。

 

感情とは
「喜怒哀楽」
誰でも備わっているものです。

 

今までよりも少しだけ感情を表現すると
相手との距離が縮まります。

 

・「おはようございます。」と挨拶した後に、
少しだけ笑顔を浮かべる。

 

・目を見て話を聞く、そしてうなずく。

 

・「ありがとう。」を言う機会を今までより2回増やす。

 

ね、出来そうな範囲じゃないですか?
あなたなりの表現方法で実践してみてくださいね。

4.本当に群れたいのか?独りぼっちを受け入れても安心

 

ノートと鉛筆をもって、
この質問を自分にしてみてください。

 

「本当に女性同士で群れていたいの?」
「本当に一人は嫌なの?」

 

女性 職場 孤立

 

そうすると、
「だって、〇〇〇」
「そうしないと、〇〇〇」
という思いが浮かんできます。

 

※注意!ここの言葉は理性で抑えないようにしてください。

 

・だって、一人になったら買い物が寂しいもの。
・だって、独りになったら食事が楽しめないもの。
・女性同士一緒にいないと男性に変に思われるもの。

 

出てくるまま、書き留めてください。

 

次に質問です。

 

「本当に一人じゃないと楽しめませんか?」
「本当に独りでいると変に思われていますか?」

 

独りでも買い物は楽しめます。(むしろ好きな場所に気兼ねなく行けます。)
一人でゆっくり食材を感じながら食事をとることができます。
女性の目を気にしている男性に変に思われた所でそれが何でしょうか?

 

「独りでは満足できない。足りない。」
と思う気持ちが独りをより強調していることに気付いてください。

 

 

あなたは独りでも十分満足できます。
足りないものは何もありません。

 

 

独りで満足できない人は人と一緒に居ても満足できません。
足りない所は周りの人が補ってはくれません。

 

既に足りないところはなにも無いことを知ってください。

 

大丈夫です。
あなたはもう完璧です。

5.実は仕事に集中できる喜びがある

 

会社で疎外感・独りぼっちでいる事は実はラッキーなんです。

 

何故なら、人間関係に時間を取られることがないので、
仕事だけに集中できます。

 

「これは相手にどう思われるのか?」
と考える必要がないので、とても楽です。

 

そして、職場だけが人間関係ではありません。

 

あなたが生きているのは会社だけじゃないですよね?

 

プライベートな自分と、
仕事の自分で仮面をはめてもいいです。

 

無理にありのままの自分をみせなくても大丈夫です。

 

仕事は仕事、
プライベートはプライベートと、
キャラを変えてもいいんです。

 

そして、そのどれもが
「ありのままの自分」です。

 

だから、遠慮せずに仮面を付けましょう。

まとめ

 

職場に限らず、孤立していると感じるのは苦痛です。

 

「誰かと一緒にいることが楽しい。」
と思うのはごく自然なことです。

 

ですが、
「独りでいることに満足できない人」
は周りにどんなに人がいても、孤独を感じてしまいます。

 

独りでもいい、大丈夫という強さをもてば、
自然と人は集まってきます。

 

人間は独りでは生きられません。
ですが、独りで満足できない人はどこでも一人を感じてしまいます。

 

 

周りが認めてくれるから、
あなたが満足するのではありません。

 

まずはあなたが満足しないと何も変わっていきません。